vol.13 経理業務の工数管理

 工数管理という言葉は、製造業で主に使われ、製造工程を数値管理する方法ですが、間接業務である経理業務にも、この手法を当てはめることで合理化を図る事ができます。

 一般的には、総務・経理・財務という分野は、「聖域」としてなかなか手をつけられる事がなく、総務・経理担当者の能力に依存しているケースが多くあります。

 ですが、これでは、付加価値の高い経理業務を実践することはできません。

 そこで、オススメしたいのが、経理業務の工数管理です。

(1)経理で実施する業務を全て書き出します。

(2)書き出した業務ごとの所用時間、実施に当たっての人件費以外の必要コストを列挙します。

(3)各業務の難易度を列挙していきます。

(4)各業務の難易度に応じて、業務単価を設定します。

(5)業務単価ごとの標準時間も算出します。

(6)1ヶ月間の経理業務を、業務単価で算出して、経理担当者自身の生産性を算出します。

 このように工数管理を用いる目的は、経理担当者自身が生産性や自身の固定費に対する意識を持ってもらい、付加価値の高い業務を実践してもらうことにあります。

 仮に、付加価値の高い仕事に取り組んでもらうのであれば、難易度の高い、「資金繰り計画の立案」「全社予算の設定」「メインバンクとの資金調達交渉」といったように、業務の中でも難易度の高い財務業務にシフトしてもらうことになりますし、「現状の業務内容で満足」という価値観の経理担当者であれば、実際の業務内容と自身の生産性を見比べて、それに見合った給与体系を用意することになります。

 これまでの時代は、営業マンや製造工程のみが、売上目標や生産性、そして変動費・固定費に対する目標、採算ラインが問われていましたが、これからは、直接部門や間接部門という垣根を超えて、全部門、全社員がそれぞれ付加価値の高い仕事に挑戦していかなければなりません。

 と同時に、低コストで実現可能なものであれば、徹底的に低コストで実現できる方法を模索するのも企業に与えられた使命でもあります。

 経理業務に置き換えてみれば、簡易な業務は、入社暦の浅い社員か、パート・アルバイトを活用して処理することが必要ですし、逆に中堅・ベテラン社員になると、難易度の高い仕事に従事することが求められます。

 皆さんの会社でも、これを機会に、経理部門の工数管理という考え方を、取り入れてみてはいかがでしょうか。