vol.22 預金通帳を作成する目的

 経営者の方に質問します。
 「あなたの会社は、いくつの預金口座をお持ちですか?」
 「その口座は、それぞれがどのような目的で使っておられますか?」

 即答できない経営者の皆様。財務に強くなるには、通帳に関する意識も持っていただいた 方がいいと思います。

 前回の「小口現金の廃止」に続き、今回は預金通帳について業務効率を考えた方法を記載 したいと思います。

 経営者の中には、「万一のことを考えて多くの金融機関と取引しておくべき」との考え方 から、多くの金融機関との取引を行う為に、普通預金の口座を開設しておられるケースが あります。

 資金調達という観点だけを考えると、その効果が無いとは言いませんが、経理処理の観点 からすると、非常に非効率な方法ともいえます。

 通帳を作成する場合は、必ずその利用目的を明確にすることが重要です。

・過去、融資返済等で利用していたが、現在は利用していない通帳
・会社住所の移転に伴い、使用しなくなった通帳
・付き合いで口座を開設したものの、全く使っていない通帳

といった通帳については、即刻解約して下さい。

 その通帳の為に、記帳をしたり、残高証明を発行してもらったりと無駄な時間・無駄な コストが発生してしまいますので。

 また、通帳を内容別にたくさん作っている場合もありますが、「入金用の口座」 「支払用の口座」「積立用の口座」の3つで十分です。

 飲食店・理美容室のように、毎日売上現金が発生する場合は、同一の金融機関で複数口座 を開設して売上入金管理をした方が効率的な場合もあります。

 中には、「従業員の積立金」のように勘定科目の内容ごとに口座を作っておられる場合が ありますが、基本的には弥生会計で残高把握できているものに関しては、通帳の作成は不要 です。(残高は、会計ソフトで確認できますので)

 皆さんの会社では、どのような目的で通帳を作っておられますか?

 経理担当者だけでなく、経営者自身も「どの通帳をどのような目的で使っているのか?」 ということを意識して、預金口座を活用して下さい。