vol.30 数字が意味するものとは...

 当社では、毎月のお客様の財務データをもとに、分析指標や予算達成率、昨年度対比など、 数字を基にしたコンサルティング業務を提供しています。

 当然、財務データでは、直近の月の状況を数字データとして表現しますので、結果として出た 数字を様々な観点から検証して、対策を講じていきます。

 例えば、資金調達・返済に問題があるのか、設備投資の金額・回収状況に問題があるのか、 または営業活動自体に問題があるのか、といったように、データを通して、いろいろな分析を 行なうわけです。

 ですが、ここで間違ってはいけないことがあります。

 それは、数字というものは、あくまで直近の結果に過ぎないということです。

 よく、業績を検討する会議の場で、毎月の分析データを見たとたんに、幹部や従業員に対して カリカリしている経営者や、怒りを顕にする経営者がいらっしゃいますが、これではせっかくの 数字を通じて原因追求をしようとしても、幹部や従業員への責任転嫁の為の会議になってしまいます。

 経営者にとって、責任を問われているのは、毎月の出た結果のデータを見たときではなく、 日々の経営活動にあると思います。

 売上や利益が予算を下回ったり、予想以上に固定費や変動費がかかったからといって、その データをもとに追求するのではなく、日々経営している中で厳しく現場を指導すること、 チェックすることこそが経営者に求められている役割ではないでしょうか。

 そして、日々の指導の結果を、一ヶ月データで検証する。

 しかも、そのデータの善し悪しは、他の誰でもない経営者自身の責任であることを自覚しなければなりません。

 このように、私自身は、会社内での財務力を改善していく秘訣は、経営者自身が、日々の経営に対してどのように取り組んでいるかにかかっていると思います。

 日頃から、方針管理、行動管理を怠らずに実施すれば、自ずと経営者の目指す売上・利益 (変動費・固定費)になるはずです。

 もし、予算が達成しないとすれば、それは

①経営者自身が掲げる目標数字に問題がある
②経営方針と目標数字を連動して設定していない
③経営方針を日々、現場に浸透させていない

 といった点に問題があると言わざるをえません。

 経営者は、数字は数字として冷静に受け止め、目標数字を達成するための方針設定、及び方針の進捗管理に力を注いで下さい。