vol.34 借入返済のための借入?

 先日、金融機関の担当者の方に、借入の見直しを提案させて頂きました。

私「A社の来期予算から考えて、自己資金で円滑に借入返済を
  進めることを考えると、毎月の返済元金が少し多いと
  思いますので、借り換えも含めて、返済内容を見直して
  もらえませんか?
   A社の社長は、毎月の元金返済額を落としたいという意向
  ですのでその点も踏まえて、提案をお願いします。」

金融機関担当者「資金が不足してきそうであれば、追加融資しますよ」

私「そうなると、毎月の元金返済額が増えますよね?先ほども
  お伝えしたとおり、A社社長の意向は毎月の元金返済額を
  減らしたいと考えているんです。自己資金の範囲内で返済を
  していこうと考えているんですよ。」

金融機関担当者「だったら、なおさら追加融資しますよ。
          1年か2年返済とかでどうですか?」

私「そんな短期の返済であれば、なおさら意味がないですし、
  そもそも、A社社長は借入の見直しを望んでいるのであって、
  追加融資を望んでいるのではありませんよ。」

金融機関担当者「それは無理な話です。もちろん、おっしゃりたい考えは
          わかりますが、まず受け入れられませんね。」

私「借入返済のための借入をするというのであれば、余計に
  支払利息が増えるだけですし、結果としてそれは企業の収益性を
  下げることにもなってしまうんですよ。
   そもそも、金融機関にとって、A社はお客様なんですよ。
  お客様の意向をなぜ無視できるんですか?」

金融機関担当者「...」

 というようなやりとりが続きました。

 確かに、金融機関からすれば、資金が不足しそうなのであれば、追加融資をすれば 済む話なのかもしれませんが、それはあくまで結論の先送りでしかありません。

 このような借入の見直し提案に積極的に協力してくれる金融機関の担当者が多く いらっしゃいますが、残念ながら今回のケースのように非協力的な金融機関担当者が いるのも事実です。

 ですが、中小企業の財務を改善するには、金融機関の協力が必要不可欠です。
 借入は、借りたとしてもいずれ返さなければなりません。

 そして、やみくもに追加融資を続けることは、結果として企業にとっても金融機関に とっても不幸な結末が訪れることになってしまいます。

 みなさんの会社では、借入の見直しを定期的に行っていますか?

 資金不足に陥りそうだからと言って、単純に追加融資の話に乗らないでください。

 財務の健全化を図るために、本当に必要な借入かどうかを検討したうえで、企業に とって最良の判断を行っていきましょう。

vol.33 弥生会計の入力業務の効率化

 当社ではよく、経理業務の効率化の指導として、お客様を訪問することがあります。

 私自身が、経理業務の効率化やルール作りをするにあたって心掛けていることは、

①経営者や経営幹部が見たい情報は何か?
②見たい情報を会計ソフトを使って効率的に作成できるのか?
③経理業務自体を効率化できないか?
④会計ソフトへの入力の正確性・時間短縮を図る方法はないか?

 といったポイントです。

 特に、業務の効率化を考えた場合、会計ソフトの機能を有効活用することは欠かせません。

 みなさんもおわかりかもしれませんが、会計ソフトを使った業務効率ルールを記載すると

①まとめて入力する
 ※毎日こまめに入力するのではなく、入力する日を決めて、その日に
 まとめて入力する。また、手書きの伝票をなくして、直接入力する
 こともオススメです。

②毎月の定期仕訳は事前に入力しておく
 ※借入の返済、リース料金の支払、減価償却などの月割計上
③伝票辞書に登録できるものは登録して、一つの仕訳時間を短縮する
 ※給与計算、経費や買掛金の支払など
④補助科目を使って、貸借対照表では科目ごとの内訳残高、
 損益計算書では、勘定科目ごとの経費の内訳推移をチェックする

といった点があげられます。

 経理業務は、とかく聖域としてとらえられがちなので、現場で処理をしている 経理スタッフの方々は、一つでもいいので、徐々に業務内容の改善を目指して、 仕事に取り組んで下さい。