vol.46 理美容業の在庫管理

 店舗の業績を判断するのに、オーナーである経営者の皆さんは、どのような指標をご覧に なっておられますか?

売上や売上総利益、営業利益や経常利益をご覧になっておられるオーナーが多いと思います。

 また、それらの数字を細分化して、スタイリスト一人あたりの売上高や、客数、客単価、 最来店率など、オーナーが知りたい情報をチェックしておられるのではないでしょうか。

 サロンの皆さんからすると、売上金額に目が行くのは、よく理解できますが、それと同じ ぐらい、売上総利益や営業利益、経常利益にも関心を持って頂けると非常に嬉しいです。
(もう、それらの数字も理解しておられるというオーナーは大変素晴らしいです)

 そして、これらの利益を確認するときに、重要なのが

「それらの利益が正確な数字であること」なんです。

 以前もこのメールマガジンで書いた「『締め日(〆日)』対応法※」
を理解して頂ければ正確な売上、仕入原価、経費は把握できるようになります。
(※ 財務改善メルマガ vol.43 『締め日(〆日)』対応法    http://www.zaimukaizen.com/article/13328184.html

 そうなると、あとは在庫ですね。

 在庫管理を正確に行えば、正確な利益が出る!と言っても過言ではありません。

 ところが、ここで注意して頂きたいのが、サロンの在庫にも、いくつかの種類に分類できるという点です。

 私がオススメしているのが、以下の4点に分類する方法です。

①技術在庫(材料)...技術売上に使用する在庫

②店販在庫(商品)...文字通り、店舗で販売する商品在庫

③研修在庫(貯蔵品)...スタッフの技術研修で使用する材料在庫です

④店舗備品在庫(貯蔵品)...その他、店舗で使用するために購入したものの、
未使用の在庫のことです

 これらに分類する理由は何か?と思われるかもしれませんが、これが重要です。

 この分類を行なうことで、技術での粗利益、店販での粗利益、また研修でどれだけ材料を 使っているのか?また社内に残っている未使用の店舗備品・在庫はどれぐらいか?が明確に わかります。

 これにより、正確な数字だけでなく、目的に応じた粗利益がチェックできますし、在庫に ついても増減の内訳が確認できます。

 皆さんのサロンでは、在庫管理にどのような方法を使っておられますか?

 毎月、在庫をチェックするのであれば、上記の4つに分類して在庫管理を実行して、数字の 推移を確認してみて下さい。

 また、理美容業以外の業種の方々も、同じ原理で在庫を分類してみて下さい。

 単純に全体の在庫を数えるだけでなく、目的をもって在庫管理を行なうことで、
経営者にとって、または幹部、店長の方々にとって大切な数字に
出会えることになります。

 今回の方法で、在庫管理を実践して頂ければ、あなたの会社、あなたの店舗での本当の 数字がわかります!