vol.48 財務・経理・社内管理機能強化

 ここ最近、社内の財務・経理体制、そして社内管理機能の強化に向けてのプロジェクトを 実施させて頂くことが多数ありました。

 そこでまず行うことは、経理システムの見直しからです。

 経理システムの見直しを進める中、私から見るだけでも改善の余地は多分に
あります。

 一例を挙げると、管理資料などが最たる例と言えます。

 借入金や、リース契約、地代家賃の契約、車両管理、備品管理といったように、
見たい管理資料が即座に見られる状態を作っておくことが、中小企業でも求められる ことですが、これ自体、実際に実施しておられる会社は少ないのが現状です。

 その中でもリース契約などは、その最たる例で、ある会社では、実際に払っているリース契約の 物品が社内で見当たらないケースなどもあります。

 M's FACTORYでは、これらの状況を改善することから着手し、外部との契約や 社内の管理データなどが、効率的に実施・運用されているかをチェックするようにしています。

 これをしておくだけで、予算設定や資金繰りの計画を立てるにあたって、非常に便利ですし、 経営者自身も適宜これらの資料に目を通すことで、事業の見通しを立てることができます。

やはり、中小企業の財務力をアップさせるには、社内管理体制、そして経理システムを はじめとする社内の業務フローを見直す必要があります。

みなさんの会社では、見たい資料が即座に見られる環境が整備されていますか?

経営者自身も、経理担当者に任せっきりにするのではなく、これらの管理状況について、 お互いに納得できる状態を確認して、業務に臨んでください。