vol.52 事業計画と財務計画

 最近、お客様と事業計画について相談を受けたり、チェックをさせて頂く機会が多数あります。

 当然、営業面や管理面など、経営者が掲げる中長期のビジョンが明確に描かれており、私自身も事業計画を楽しみに拝見させて頂いています。

 ですが、多くの経営者が財務計画について詳細に記述しておられるケースは 非常に少ないです。
「売上目標○○億円!経常利益○千万円!」
といった言葉は、見受けられますが、どのようなプランで、その事業計画を 達成するのか?
その根拠となる内容が残念ですが、若干乏しいように感じてしまいます。

 中には、財務計画について大まかな目標を掲げ、
「あとは、M's Factoryにお任せ!」
とか責任者の欄に「M'sさん担当」とだけ記述されている計画書も...(苦笑)

 私どもとしては、信頼して頂いていると前向きに解釈はしますが、やはり、 明確な根拠、達成に向けての裏づけを数値面で確認しなければ、せっかく立てた ビジョン・目標が絵に描いた餅になってしまいます。

①目標売上、利益達成に向けての予算
 →全社予算、月別予算、部門別予算、商品別予算、個人別予算

②資金繰り計画 
 →予算を実行した場合に、資金繰りが潤滑に回るかどうか?
 →資金調達計画の見直し、得意先・取引先との取引条件の見直し

 これら①②の数値計画が、過年度の実績と比較しても達成可能と判断できるか どうかという点についても検証する必要があります。
(いくら数値計画と言っても、達成可能と第三者が見て感じなければ、  意味がありません)

 事業計画は、企業の今後の方向性を決める羅針盤ですから、経営者にとって、 従業員にとって、大変重要なものです。

 そのため、事業計画の信憑性を上げるためには、明確な根拠としての財務計画を しっかりたてておくことが重要となります。

 事業計画と財務計画が融合すれば、目標達成が明確(数値で設定しているので、 目標が達成できたかどうかが明らか)になります。