vol.56 あなたの会社の資金繰り計画表は?

 どこの会社でも、資金繰りに関する問題は出てきます。

 私自身は、お客様から資金繰りの相談をされる際は、
「向こう一ヶ月間のお金の動きを一万円単位で結構ですので、
書き出してみてください」とお伝えしています。

 もちろん、当社自身も資金繰り表は作成しています。

 よく、毎月の試算表や決算書に関心を示しておられたり、
部門別の損益資料や、変動損益計算書といった管理会計の
分野に関する資料に興味を示しておられる経営者も数多くいらっしゃいます。

 しかしながら、向こう一ヶ月間の資金繰り計画に目を通している
経営者というのは、ごくごく少ないのが現状です(不思議ですが)。

 経営者であれば、毎月のどのタイミングでどのような
入出金があるのかをおおよそ把握しておく必要があります。

 この資金繰り計画を作るのが、経理担当者・財務担当者の仕事です。

 私自身も仕事柄、お客様からの依頼を受けて作成する機会がありますが、
やはり社内のスタッフが自ら作ることが会社にとって一番のメリットです。

 M's FACTORYが提供させて頂いている月次財務報告書では、
毎月の資金繰り実績、キャッシュフローの動きを掲載しています。

 あとは、この資料に、社内の経理・財務担当者が資金繰り計画表を
加えるだけで、経営者には会社の財務面での見通しが初めて
立つことになります。

 経理・財務部門の仕事は、過去のデータを整理することだけではありません。

 未来を予測し、経営者の経営判断に役立つ情報を提供すること。
 これこそが、経理・財務部門の担当者の本来の役割です。

 4月が事業年度最初の月の会社も多いことと思います。

 今月からでも結構です。最初は資料内容が荒いかもしれません。
が!やるか、やらないかで言えば、断然やるべき仕事です。

 「資金繰り計画表」を食わず嫌いにならずに、ぜひとも挑戦してみて下さい。