vol.58 予算は、弾力的に運用しましょう!

 M's FACTORYでは、お客様の会社の予算について、毎月一度検討する機会を
設けていますが、当然のように、当初設定した予算と、会社の置かれている状況が
変わってくる関係で、思い通り売上・経費の計画が進まないケースがあります。

 会社によっては、「予算で決まっていることだから」と一刀両断して、
何も聞き入れない経営者もいらっしゃいますが、私自身の見解としては、
予算というのは、会社の未来を数字で見据える(予測する)ための手段でもあり、
自分達で掲げた目標の達成度合いを図る物差しでもあると思っていますので、
必要があれば増加させたり、削減させたりして、随時見直しを行うように
してもらっています。

 たとえば、「○月から正社員を2人採用する」とか、「○月に△△という
イベントに参加することになったので、広告宣伝費を増やしてほしい」と
いったようなケースが、当初の予算に盛り込まれていなければ、
これを反映した予算を作成し直します。

 当然、赤字の状況であれば、固定費も縮小せざるを得ませんので、
削減という観点から見直しを行うこともあります。

 当然のことですが、弾力的に運用すると言っても、予算を守らなくても
よいというものではありません。

 あくまで、予算は会社のビジョンを達成するための、
一つの目安となっているものです。勘違いしてはいけません。

 皆さんの会社では、毎月、次月度の予算の見直しは行っておられますか?

 まず、予算の見直しを行う大前提としては、会社の現在の売上、変動費、
固定費をしっかり分析することから始めなければなりません。

(そのためには、経理システムの確立、会計ソフト等の有効活用を
検討する必要があります)

 予算設定や予算の進捗管理を実施していない会社は、毎月一度でいいので、
会議等の場で、予算について話し合う機会、確認する機会を設けてみましょう。

 最初から100点の予算制度は築けません。一つずつ改善しながら
継続的に取り組めば、最終的に自社に合った予算制度が必ずできるように
なります。

 ということで、まずは実践あるのみです!現場に評論家は必要ありません。

 自分達が理解しやすく、実践しやすい予算制度を作ってみて下さい。