vol.68 預金の入力速度をアップする方法

 M's FACTORYでは、中小企業の財務力アップの一環として、
経理担当者の業務効率アップツールをお客様に提案しています。

 代表的なものをあげると、
・小口現金の廃止(仮払精算制度、クレジットカードの活用)
・インターネットバンキングの活用
・Money Lookの活用

 等々、いくつか事例があげられますが、その中でも、昨年から
注目しているのが、預金の入力をいかに効率化するのか?ということです。

 当然、伝票の仕訳登録等を活用して入力することで、入力業務自体の
効率は図れますが、意外に時間がかかってしまうのが、預金残高の
チェック作業です。

 これは、ベテランの担当者でも、時間を要する部分です。

 特に、入力に不慣れな方の場合だと、残高が合っているかどうかが
不安になって、逐一残高を確認しながら入力することになるため、
結果として多くの時間を入力業務に割いてしまうことになります。

 では、どのようにしてこの残高チェック作業を効率化するのか?

 答えは、インターネットバンキングの預金取引データを自動化してしまう
「早業バンク」の導入です。

 特に、定型的(毎月、数か月に一度など)に発生する仕訳については、
一度登録してしまえば、2度目以降は自動化可能となります。
(例:リース料、地代家賃、水道光熱費、買掛金の支払、売掛金の入金など)

 これだけでも、凄いのですが、定型的に発生しない仕訳についても、
いったん「諸口/預金」「預金/諸口」といった仕訳を登録することで、
弥生会計で仕訳処理されます。

 この段階で、預金残高は確定されますので、預金の残高チェック作業は
不要となります。

 また、その上で諸口の科目に残っているものを仕訳日記帳か総勘定元帳で
検索して、その後は科目変更、もしくは振替伝票に変換して諸口の部分を
正式な勘定科目に変更するだけでOKです。

 私自身も、当初は定型的な仕訳部分以外は、あまり効力を発揮しないのでは?
とも思っていましたが、新規に発生する臨時的な取引についても、上記のような
処理を施すことで、預金残高のチェックが不要ですので、ソフト導入の効果が
非常に高いことが確認できました。

 実際に、これまで預金入力で困っておられたお客様も大幅に入力業務の
時間が短縮できたため、大変喜んで頂いています。

 皆さんの会社でも、会計ソフトだけでなく、「早業バンク」のような
入力効率を飛躍的にアップさせるソフトの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

早業バンク