vol.72 忙しいから人を入れる??

 お客様と打ち合わせをさせて頂いていると、
「忙しくなったから人を入れたいと思っている」という話になります。
 特に、幹部の方にお話をお聞きすると、よくこの言葉が聞こえてきます。

 私も、前職では幹部職の時期がありましたので、その当時は忙しさを
解消するために、人を採用して欲しいと思うことがありました。

 ですが、よくよく考えてみると、「忙しいから人を入れる」となると、
忙しさを解消するのが目的であり、結果として増員を行って、現場の忙しさが
解消されたからと言って、必ずしも利益が上がるというものではありません。

 財務の視点に立つと、人を採用するという行為は、投資に対する回収計画が
明確に立てられているのが前提で、初めて実行に移されます。

 現場の忙しいという声だけで、増員を実行した場合、当然のことですが、
採用に関するコスト、採用してから一人前に育成するまでのコスト、
そして採用したその従業員の人件費、もちろんその人員を管理するための
コストなど、いろんな経費が発生します。

 また、「忙しい」と思っていることでも、実際に機械設備を刷新したり、
現在の業務のIT化を進めることで、問題が解決することも考えられます。

 それらの経費を投資した上で、それでも人員を増員させることで、明確な
費用対効果が期待できると判断できた段階で、初めて増員という話になる
と思うのです。

 これは、増員に限った話ではなく、設備投資やコストのかかる話等にも
関連するテーマだと思います。

 「新しい機械が欲しい」から買うのではなく、購入することでかかるコスト
に対して、どれだけの投資効果が見込めるのか、また、投資したものがどの
時点で回収できるのか、これらをシミュレーションした上で、実行に移すべき
だと思います。

 要するに、「欲しい」を基準にするのではなく「機能」がいくらのコストで
入手できるのか?ということです。

 みなさんの会社でも、何かの経費を使う時に、その目的を忘れて購入している
ケースはありませんか?

 今一度、財務の視点から物事を捉えた上で、かけるべき経費かどうかの判断を
行ってみましょう。