収益性

1.売上高総利益率 2.売上高営業利益率 3.売上高経常利益率
4.売上高当期純利益率 - -
1 名称 売上高総利益率
算式 売上総利益÷売上高×100【%】
内容 売上高に対する売上総利益の割合を示す指標です。
売上総利益=売上高-売上原価で求められますので、売上高に対する売上原価の割合を抑えることで、売上総利益率は高まります。
売上原価...卸小売業では商品仕入高、美容飲食業などでは材料
       仕入高、製造業では製造原価(材料仕入、労務費、
       製造経費)、運送業では運送原価が該当します。
2 名称 売上高営業利益率
算式 営業利益÷売上高×100【%】
内容 売上高に対する営業利益の割合を示す指標です。
営業利益は、本業の儲けを表すものですので、この指標が高ければ高いほど、効率益に本業が儲かっていることを指し示しています。
なお、営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費で求められます。
売上高営業利益率を高めようと思えば、売上総利益率を高めるか、販売費及び一般管理費を少なくできるかがポイントです。
3 名称 売上高経常利益率
算式 経常利益÷売上高×100【%】
内容 売上高に対する経常利益の割合を示す指標です。
経常利益は、本業の儲けを表す営業利益に、主に財務面での収益と費用を差し引きして求められる指標です。
売上高経常利益率を高めるには、売上高営業利益率を高めるか、営業外収益(受取利息、受取配当金、雑収入など)の増大、営業外費用(支払利息、手形売却損、雑損失など) の減少により、指標を改善できます。
4 名称 売上高当期純利益率
算式 当期純利益÷売上高×100【%】
内容 売上高に対する当期純利益の割合を示す指標です。
この指標が高ければ、企業の活動が株主の配当原資や純資産の増加に効率的に結びつくこととなります。
なお、売上高当期純利益率を高めるには、売上高経常利益率を高めるか、特別利益の増加、特別損失の減少などにより、指標を改善できます。
特別利益...固定資産売却益、投資証券売却益、貸倒引当金戻入など
特別損失...固定資産売却損、固定資産除却損、投資証券売却損など

その他の財務分析指標
総合力 収益性 効率性 生産性
安全性 CF分析 損益分岐点分析 -