vol.54 予算設定の醍醐味とは?  

 私自身は、予算設定・予算の進捗管理というのは「企業のビジョン・ 目標の達成状況を客観的に図る物差し」ではないかと思っています。

 今回の予算を通じて、根拠のある売上・利益目標の設定、並びに行動計画(アクションプラン) につながり、最終的には会社・従業員の皆さんの夢・ビジョンの達成を手助けできる一つの 基準値になれば嬉しいですね。

 ちなみに、予算設定をしていて、一番の醍醐味は何かと言いますと、予算として掲げる 各経費の根拠を明確にできることです。

 たとえば、広告宣伝費を毎月50万円と計上していたとすると、会社の営業戦略を どのように考えた上でその予算になっているのかを確認できます。

 もちろん、広告宣伝費に限らず、人件費や減価償却費、それ以外の経費も同様です。

 それぞれの科目で掲げられる予算数値に意味がないと、事業計画も曖昧で、予算も適当、 結果的には目標設定という行為自体が無意味なものになってしまいます。

 これから、事業計画を作ろうと考えておられる皆様は、是非、事業計画を立てるにあたって、 予算を設定してみてください。

 予算を作ることで、会社の未来が必ず見えてきます。

vol.52 事業計画と財務計画

 最近、お客様と事業計画について相談を受けたり、チェックをさせて頂く機会が多数あります。

 当然、営業面や管理面など、経営者が掲げる中長期のビジョンが明確に描かれており、私自身も事業計画を楽しみに拝見させて頂いています。

 ですが、多くの経営者が財務計画について詳細に記述しておられるケースは 非常に少ないです。
「売上目標○○億円!経常利益○千万円!」
といった言葉は、見受けられますが、どのようなプランで、その事業計画を 達成するのか?
その根拠となる内容が残念ですが、若干乏しいように感じてしまいます。

 中には、財務計画について大まかな目標を掲げ、
「あとは、M's Factoryにお任せ!」
とか責任者の欄に「M'sさん担当」とだけ記述されている計画書も...(苦笑)

 私どもとしては、信頼して頂いていると前向きに解釈はしますが、やはり、 明確な根拠、達成に向けての裏づけを数値面で確認しなければ、せっかく立てた ビジョン・目標が絵に描いた餅になってしまいます。

①目標売上、利益達成に向けての予算
 →全社予算、月別予算、部門別予算、商品別予算、個人別予算

②資金繰り計画 
 →予算を実行した場合に、資金繰りが潤滑に回るかどうか?
 →資金調達計画の見直し、得意先・取引先との取引条件の見直し

 これら①②の数値計画が、過年度の実績と比較しても達成可能と判断できるか どうかという点についても検証する必要があります。
(いくら数値計画と言っても、達成可能と第三者が見て感じなければ、  意味がありません)

 事業計画は、企業の今後の方向性を決める羅針盤ですから、経営者にとって、 従業員にとって、大変重要なものです。

 そのため、事業計画の信憑性を上げるためには、明確な根拠としての財務計画を しっかりたてておくことが重要となります。

 事業計画と財務計画が融合すれば、目標達成が明確(数値で設定しているので、 目標が達成できたかどうかが明らか)になります。

vol.39 バランススコアカードにおける『財務の視点』

 M's Factoryでは、「財務」をキーワードに、お客様となる中小企業の財務面の
コンサルティングを実施しています。

 具体的にどのような業務に携わるかというと、

①経理システムの見直し業務

 現状の経理処理状況を分析させて頂き、社長に経理改善ポイントを報告。

 経理業務の精度を上げることはもちろんですが、経理自体の業務効率を上げる
 方法を提案・改善していきます。

 この段階で、会計ソフトの活用法についてもレクチャーさせてもらいます。

 私の経験から言わせてもらうと、3ヶ月ほどの時間を頂ければ、経理システムを
 改善することは可能ですね。ただし、社長と経理担当者の双方にやる気があるのが
 前提条件ですが(苦笑) 

②予算設定、進捗管理業務

 経理が稼動するようになると、今度は予算設定を実施します。

 社長からすると、やはり自社の目標(今期の決算の着地点はどれぐらいなのか?)
 が気になるところですので、予算と実績の対比を行い、進捗管理を実施します。

③月次財務報告業務

 ①②を踏まえて、毎月1回、社長や幹部、経理担当者を交えて、月次財務報告を
 行ないます。

 一番多いのは、役員会での報告です。「うちは役員会をしてないんだけど...」
 という会社もありますが、そういうケースでは、これを機会に役員会を定期的に
 開催するようにしています。

 我々のような第三者が入ることで、客観的な報告が可能になります。

④金融機関への情報開示、借入内容の見直し折衝業務

 財務コンサルをしていて、よくあるのが、金融機関との交渉です。今まで、数多くの
 中小企業の財務面を見てきましたが、金融機関の言いなりになっているケースを
 たくさん見てきました。

 やはり、金融機関とは友好関係を築きつつも、協力してもらうべきところは
 協力してもらう、いわばWin-Winの関係が重要となります。

 この業務では、四半期ごとの情報開示業務と、借換交渉などを行ないます。
 なお、借入交渉を行なう際に、銀行担当者から、いくつか資料を出すように
 言われ、忙しい時間を割いて、嫌々資料を作成しておられる会社も多いかも
 しれませんが、これらの資料は、当社の月次財務報告書でほぼ全てといって
 いいぐらい、カバーできるようになっていますので、資料作成自体が、非常に
 簡単になります。

⑤幹部、社員への財務研修(数字に関する研修)

 経営者自身が数字をわかっていたとしても、経営幹部や社員にも数字に対する
 意識を高めてもらわなければ、本当に数字に強い会社とはいえません。

 そのような会社向けには、財務研修という場を借りて、数字に関する研修をする
 機会を頂いています。

⑥会社で加入すべき生命保険の見直し

 私自身が、生命保険の専門課程の資格を持っていることもありますが、会社で
 加入すべき生命保険の見直しも行なっています。これは、会社の必要保障額
 (会社で入っておくべき生命保険の保障金額)と、会社の財務状況を照らし
 合わせて、適正な保険を提案する業務です。

 場合によっては、生命保険会社の方に協力して頂いて、会社で生命保険に関する
 勉強会を開催することもあります。

⑦経営に関連する専門家の紹介

 仕事柄、弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、社会保険労務士、といった
 いわゆる士業(サムライ業)の方々を、会社に紹介するサービスです。

 会社を経営していると、いろんな専門家の力を借りなければならない機会が多数
 ありますので、必要な機会に、必要な専門家をご紹介させて頂いています。

⑧上記の項目に関連する財務改善プロジェクトへの参加

 売掛金の未回収債権の回収プロジェクト、経理担当者の引継ぎプロジェクト、
 新店舗出店時の経理業務確立プロジェクト、といったあたりです。

 このほかにも、財務に関連するプロジェクトにも参加させてもらう機会があります。

 ざっとあげただけでも、これだけの業務に携わっています。結構ありますね。

 ですが、私自身はお客様の会社が、財務面が改善され、ひいては会社経営が
 軌道にのっていくステップを見るのが、自分自身にとってのやりがいに
 なっていますので、日々いろんな業務に関わらせて頂いて、非常に楽しい毎日を
 過ごしています。

 最近、多くの会社で取り入れられている、「バランススコアカード」においても、 『財務の視点』が非常に重要視されており、この点から考えても、中小企業にとって 『財務』は強化すべき項目といえるのではないでしょうか。

 今後も、中小企業のCFO(Chief Financial Officerの略、最高財務責任者)の役割を 果たすべく、日々精進したいと思います。

vol.30 数字が意味するものとは...

 当社では、毎月のお客様の財務データをもとに、分析指標や予算達成率、昨年度対比など、 数字を基にしたコンサルティング業務を提供しています。

 当然、財務データでは、直近の月の状況を数字データとして表現しますので、結果として出た 数字を様々な観点から検証して、対策を講じていきます。

 例えば、資金調達・返済に問題があるのか、設備投資の金額・回収状況に問題があるのか、 または営業活動自体に問題があるのか、といったように、データを通して、いろいろな分析を 行なうわけです。

 ですが、ここで間違ってはいけないことがあります。

 それは、数字というものは、あくまで直近の結果に過ぎないということです。

 よく、業績を検討する会議の場で、毎月の分析データを見たとたんに、幹部や従業員に対して カリカリしている経営者や、怒りを顕にする経営者がいらっしゃいますが、これではせっかくの 数字を通じて原因追求をしようとしても、幹部や従業員への責任転嫁の為の会議になってしまいます。

 経営者にとって、責任を問われているのは、毎月の出た結果のデータを見たときではなく、 日々の経営活動にあると思います。

 売上や利益が予算を下回ったり、予想以上に固定費や変動費がかかったからといって、その データをもとに追求するのではなく、日々経営している中で厳しく現場を指導すること、 チェックすることこそが経営者に求められている役割ではないでしょうか。

 そして、日々の指導の結果を、一ヶ月データで検証する。

 しかも、そのデータの善し悪しは、他の誰でもない経営者自身の責任であることを自覚しなければなりません。

 このように、私自身は、会社内での財務力を改善していく秘訣は、経営者自身が、日々の経営に対してどのように取り組んでいるかにかかっていると思います。

 日頃から、方針管理、行動管理を怠らずに実施すれば、自ずと経営者の目指す売上・利益 (変動費・固定費)になるはずです。

 もし、予算が達成しないとすれば、それは

①経営者自身が掲げる目標数字に問題がある
②経営方針と目標数字を連動して設定していない
③経営方針を日々、現場に浸透させていない

 といった点に問題があると言わざるをえません。

 経営者は、数字は数字として冷静に受け止め、目標数字を達成するための方針設定、及び方針の進捗管理に力を注いで下さい。

vol.29 自社の業績管理

 先日、建設業の経営者とお会いする機会があり、自社の業績をどのようにチェックして おられるか?という話になりました。

 その経営者曰く、「うちのような業種は、業績がわかりづらいから、頭の中で資金繰り だけ計算しながら商売をしている」とのこと。

「試算表には毎月目を通されないのですか?」と質問すると「経理担当者に聞いてみると、 日ごろは、入出金を基準とした処理をしているのと、損益計算書についても、工事が 完成した段階ではじめて売上が計上されてるそうなので、私には、正直言ってあまり 理解できないんです。
 でも、本当は毎月の業績がどうなっているか知りたいんですけどね。」という回答でした。

   経営者から試算表を見せて頂いたのですが、日ごろたくさんの試算表に目を通させて 頂いてる私どもが拝見させて頂いても、本当に業績が良いのかどうか、損益計算書だけ では把握しづらい状況でした。

 業種にもよりますが、経理処理次第で、自社の業績管理は容易に管理できます。

   ポイントは3点です
1)発生主義で処理すること
 毎月の試算表を完成させるにあたって、その月に該当するであろう売上を計上すること
(先ほどの建設業の事例でいくと、請負工事の進捗度合いや工事期間を月数で割って  算出します)

2)期間按分を利用すること
 毎月支払う経費の中には、数ヶ月に一度や、年に一度しか発生しない経費もあります。
(保険料や賞与といった経費ですね。その他にも特定の月に多額の支出がある経費のこと です)
 これらの経費は、その月にのみ経費計上するのではなく、年に一度の経費であれば、 12分の1ずつ計上するといった方法をとって、毎月の経費計上を平準化すると、会社の 実態が把握しやすくなります。

3)費用と収益を対応させること
 これは、1)と2)の応用です。

 例えば、新店舗出店等の場合、店舗オープン前後の月に多くの支出が発生しますが、 これらについては、経費のみが発生して、売上が計上されていません。
 このようなケースの場合、出店後、売上の計上がスタートすると共に、数ヶ月~数年間に かけて経費化して処理するという方法が妥当といえます。

 建設工事等のケースでは、工事の進捗度合いと、経費のかかり具合にもばらつきが 見られると思いますので、売上計上と経費計上のバランスを踏まえて損益資料を作成して みるのもいいと思います。(但し、最終的に、工事が終わった時点で全ての売上、経費を 計上することになります。)

 皆さんの会社では、経営の実態をどのように把握しておられますか?

 試算表や決算書だけに依存することなく、自社の経営に活用できる資料作りを実践して みてください。

vol.27 会社の数字と関係する『経営者の直感と実感』

 意外かもしれませんが、M's Factoryでは、固定費・変動費といった経費の内容をチェックしたり、粗利益率等の指標を確認するにあたっては、経営者の直感と実感を大切にしていま。

 例えば、経理システムがうまく稼動していない場合、出てきた資料と経営者が思い描く 数字とのズレが生じてしまいます。

 いわば、イメージとのズレがあるわけですから、そこには何らかの問題点があると 考えられます。(この場合、不思議なほどに経営者の直感は的中しています。
もちろん、その根拠についても必ず確認させて頂きます。)

 これは、経営者が、その商売の専門家だからこそ、出てきた数字を肌で感じることが できるかどうかが理解できるのだと思います。

 不思議なことに、経理システムが稼動し、経営者が見たい数字がしっかりと見える ようになると、経営者は直感で感じる経営と、数字を通して得られる実感が、一致 することになります。

 まさしく、貸借対照表や損益計算書を通して作成される数値資料は、経営者が日ごろ、 イメージ(直感)で行っている経営を実感させるツール(手段)ではないかと思えるの です。

 だからと言って、細かい数字にまで全て目を通すということではありません。

 大きな数字(売上高、売上総利益、営業利益、経常利益、キャッシュフロー等)に ついては、経営者も毎月必ず目を通し、それぞれの利益率についても確認して、直感と 実感を得られるようにしなければなりません。

 この直感と実感が合致してくると、不思議なことに、経営者の考える経営戦略に 数値根拠が伴ってきます。

 そうなると、より正確さを増した経営ができるようになると言うことです。

 これからの時代の経営者は、数字に強い経営者でなければなりません。

 「数字のことはわからない」「経理担当者任せにしている」ではなく、経営者自身の 直感を、数字を通じて実感に変えられるように、数字と向き合う経営を心がけましょう。

vol.17 数字は結果

 M's Factoryでは、会計データから得られる情報をもとに、財務分析資料 を提供していますが、中には、その数字を毎月心待ちにしていて、数字を見て一喜一憂 しておられる経営者もいらっしゃいます。

 また、数字を見た途端に不機嫌になって、現場のスタッフに八つ当たりする経営者や、 業績がよくないことにイライラしておられる経営者、そしてその逆で、思ったより業績 が良いとわかると、急にスタッフに優しく接する経営者などをよく見かけます。

 データを作成している我々にとっては、お客様にそのような反応をして頂けることは、 資料に対する理解を深めてもらったということで、一見喜ばしいことかもしれませんが、 私自身は、「毎月の数字は、あくまで結果に過ぎない」ということ、そして「その数字 を生み出すのは、日々の行動の積み重ねである」というスタンスで財務分析資料に目を 通してもらうように、経営者の皆様にお話させて頂いています。

 毎日の積み重ねが、毎月の業績となって表れるわけですから、日々の経営状況を数字 で把握することこそが、経営者にとって大事な仕事ではないかと思います。

 わかりやすく言うと、我々の健康診断の結果と同じです。

 健康診断では、いろんな分析データが出ますよね。体脂肪率や血糖値なども、その 最たる例と言えるのではないでしょうか。

 出た数字は結果であり、それらの指標を改善するのは、やはり日々の努力しかないのです。

 明確に改善目標を決めて、それを達成すべき日々取り組むという観点からすれば、 企業経営も、我々の健康管理も同じ原理だと思います。

 あなたの会社の健康状況(財務状況)はいかがですか?

 良い指標であれば、どのように維持していくのか、より良くしていくのか?また悪い 指標であれば、どうやって、いつまでに改善していくのか?といった点をイメージ しながら、自社の財務分析資料に目を通してみて下さい。

vol.2 経営者が知っておくべき財務情報

 日頃、経営者の皆様に対して、財務分析資料をもとにお話をさせていただく機会が多いのですが、その際によく聞かれるのが「日頃、どのような所を重点的に見ておいたらいいですか?」という質問です。 それに対して私がオススメしているのは、次のポイントです。

(1)毎日(一週間、半月単位でもOK)のお金の動きを経理担当者から簡易資料にまとめてもらって、報告してもらう。

これは、会社のお金の動き、現在の現金残高を把握する為に行なうものです。

(2)試算表の額と率を見る。

経営者は、売上高や利益金額にとらわれがちですが、同時に率(売上総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率)という点にも注意を向けて、率が増減する原因をつきとめる。

(3)債権の未回収を確認する。

売掛金や受取手形の残高を随時経営者自身が確認することで、請求漏れや未入金の事実を確認してもらい、債権回収に対する意識を社内で確立させる為です。

(4)借入の残高、毎月返済額を確認する

金融機関と交渉する際、やはり最終決済権限は社長に帰属します。となると、日頃からどのような融資条件の下で借入をしていて、毎月いくらの元金を返済し、現段階でいくらの借入残高があるのかを経営者自身が把握する為です。

(5)向こう1ヶ月間の資金繰り計画を確認する

自社の資金繰り状況が、向こう1ヶ月間でどのように推移するのかを確認することで、金融機関との交渉や、仮に資金ショートが発生する可能性がある場合は、前もって対策を講じることが可能になります。

他にも挙げればキリがありませんが、まずはこの5点について、注力してもらえたらと思います。

 不思議なことですが、経営者自身がこれらの財務面に関心を持つだけで、日頃から資金繰りに対する意識が根付くことになります。

 すると、財務を意識した経営に取り組んでもらえるようになります。財務が全てではありませんが、数字を見ずにただやみくもに営業や商品開発を行なうのではなく、予算や実績数値を意識しながら 経営を行うことで、自然と数字を意識した経営が可能になるのです。

 経営者の方は、上記(1)~(5)を明日から早速実践してみてください。経理担当者の方は、上記(1)~(5)を経営者が理解できるように、資料を整備してあげてください。
 そうすれば、自ずと財務に強い会社にステップアップできます。

vol.1 中小企業の財務部門

 昨日、とある経営者とお話していた時の事ですが、「森岡さんのところは、中小企業の財務面を支援するとのことですが、どういうことをされるのですか?」という質問を受けました。

 それに対する私の回答は以下の通りです。「経営者の方は、おおよそが営業畑の出身者、工場畑の出身者、商品開発畑の出身者方が多数を占めておられます。
 経理畑・財務畑を歩んでこられて経営者になられるというパターンは中小企業では少ないと思うんです。」

「また、中小企業でも経理担当者を置いておられることが多いですが、総務・庶務との兼務をしておられることが多く、実際には経理機能(日々の経理処理と月次試算表の入力業務)で、手一杯になっているケースも多いんです。」

 「でも、実際には中小企業で重要なのは、資金繰りです。何をするにしてもお金が会社にないと、事業は運営できませんから。となると、金融機関と上手に付き合っていかなければなりません。
 金融機関の言いなりになって、借入条件が悪く、会社の資金繰りが圧迫してしまってはいけないと思います。

 ですが、これらの交渉を経理担当者に任せられるかというと、総務や庶務業務との兼務もあり、そこまで決裁権限を持って対応してもらうというのは、現実的には厳しいと思います。
 もちろん、経営者自身がこの業務を担うとしても、中小企業の経営者は営業・商品開発・社内管理等、兼務に兼務を重ねておられるので、財務面に力と時間を注ぎきれないという現状がありますよね。
 また、借入交渉だけでなく、金融機関への信頼度アップ、自社内の目標管理を明確にして経営をより良い方向に導きたいのであれば、予算設定と資金繰り計画にも着手すべきだと思います。
 そして、最終的には会社が目指そうとしている長期ビジョンに対して、財務的な根拠があれば言うこと無しですからね。」

「長くなりましたが、簡単に言うと、M's Factoryが中小企業における財務部門の役割を果たすということですね。そして、経営者には、当社との関与を通じて数字に強くなって欲しいと思っています」と回答させて頂きました。

 上場企業になると、品質管理、法務、財務、企画、研究開発といった部門が独立して存在していますが、中小企業では、営業面と社内管理面しか対応できていないケースが多いと思います。
 だからといって、財務部門としての機能が社内に無ければ、資金調達の面で支障をきたしてしまいます。

 こうして当社のことをご存じない方に対して話をさせて頂くことで改めて、自社の目指すべき方向が明確になってきました。

 今後も、M's Factoryは、中小企業の財務部門としての役割に、特化した商品・サービスの提供を行ないます。